Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
動脈硬化のメカニズムを解明
0
    花
    生物のさまざまな老化現象を抑えるホルモン「クロート」が欠乏することによって起こる動脈硬化のメカニズムを、京都府立医科大の松原弘明教授や草場哲郎研究員たちのグループが解明した。
    動脈硬化が原因の心筋梗塞などの予防法の開発に役立つ成果という。
    米国科学アカデミー紀要で19日発表する。
    クロトーは主に腎臓から分泌されるホルモンで、欠乏すると肺気腫や皮膚の縮み、認知症などの老化現象を引き起こす。
    また、高齢者や糖尿病患者、慢性腎不全患者などはクロトーの欠乏によって動脈硬化が起こるが、詳しいメカニズムは分かっていなかった。
    松原教授たちは、マウスを使った実験で、クロトーの働きをなくすと、血管壁に血液成分が染みこみやすくなることを見つけた。
    クロトーが、血液と接する血管内皮細胞同士の結びつきを調節していることを突き止めた上で、クロトーの欠乏でこの調節機構が壊れると、内皮細胞同士の結合が緩くなり、すき間からカルシウム成分が染みこみやすくなるのが動脈硬化の原因になると確認した。
    松原教授は「クロトーの分泌を刺激する薬が見つかれば、動脈硬化をはじめとする『老化』を防ぐ有効な手段となりうる」と話している。



    花
    漢方では寿命若さ生殖器も、
    みんな『』が司っていると考えます。
    「クロート」なんて物質が発見される4000年も前からです!

    『腎』を大切にすれば、寿命も若さも保たれます。
    腰は冷やさないようにしましょう。
    自然海塩をきちんと摂取しましょう。
    水分の過剰摂取はやめましょう。
    白砂糖をなるべくやめて蜂蜜を食べましょう。
    そして漢方の補腎薬を。


    花
    今年で生誕60周年を迎えた『ピーナッツ』のスヌーピー。
    スヌーピーの秘密だそうです。

    1. コンタクトレンズをしている
    2.結婚式の寸前に兄に婚約者を奪われたことがある
    3.「世界一のザンボニー(製氷車)・ドライバー」として
     ザンボニー社から表彰されたことがある
    4.弁護士としても活動をしたことがある
    5.医者としても活動をしたことがある
    6.うさぎが好き
    7.ビーグルスカウトをしている
    8.隣の家のネコが苦手
    9.閉所恐怖症
    10.住んでいる犬小屋はビリヤード台や卓球台がおけるほど広い

    これ以外では、飼い主のチャーリー・ブラウンの名前を覚えず
    「丸い頭の子(round-headed boy)」」と呼んでいる、とか…。ラッキー

    ちなみに松藤はミッフィちゃんと同じ年であります。
    posted by: c-matsufuji | 東洋医学 | 16:47 | - | - | - |
    第30回 日中医薬研究会 全国大会
    0
      zenkokutaikai30.jpg




      第30回 日中医薬研究会 全国大会

      大会スローガン 明日につなぐ渡辺漢方
      メインテーマ  ヘルシーエイジング
        
           平成19年9月22日〜23日
           ぱるるプラザ・京都
           日中医薬研究会・関西支部 主催


                             松藤は、最前列向かって左端におります。



      『髪のヘルシーエイジング』

      髪は「腎華」或いは「血余」と、いわれています。
      「先天の本」である腎が虚せば、いわゆる老化現象がおきて「腎華」は枯れてきます。
      (男子では40歳で腎気が衰えはじめ、脱毛が始まると「素問・上古天真論」にもあります。)
      そして「後天の本」である脾が虚せば、脾は血を統轄できなくなり老化の進行が早まり、「血余」もダメージを受けます。
      したがってたんに補腎だけではなく、「湿」などによって虚した脾を立て直すことが髪の、しいてはアンチエイジング(或いはヘルシィエイジング)の重要なポイントであると思われます。
      甘いものを大量摂取したり、血をサラサラする為にと水を何リットルも飲んだり、間違った減塩をするなど現在の日本には不健康な若年寄が溢れています。
      中高年が美しく健康に老いていくこと以上に、この若年寄たちを「若返らせること」に日本の将来が掛かっているように思えてなりません。
                          (松藤の発表論文の一部です。)
      posted by: c-matsufuji | 東洋医学 | 19:18 | - | - | - |
      加齢臭
      0
        たらーっ
        ○加齢臭は体の危険を知らせるシグナル

        ニオイはある意味自分の個性。
        気にしすぎるのはよくない。
        しかし「体臭が強すぎる人は、生活習慣病のリスクが高い」との五味常明院長は警告する。
        「動脈硬化など生活習慣病の原因が活性酸素。
        これが増えると過酸化脂質も増え、加齢臭も強くなります。
        加齢臭は生活習慣病のサイン。
        ニオイをもとから断つには生活習慣を改めることも必要です」
        とくに食生活。
        活性酸素による体内の酸化を抑えるビタミンCやE、カロテンを含む食べ物を多くとるように心がけることだ。
        またポリフェノールやカテキン、イソフラボン、セサミール(ゴマ)なども有効。
        ビタミンEを豊富に含む玄米も抗酸化作用があり、加齢臭対策になる。
        後は適度な運動と禁煙。
        つまり加齢臭予防は生活習慣病予防なのだ。
        <ゲンダイネット>


        たらーっ
        漢方では、肝臓がくたびれれば「あぶら臭く」
             心臓がくたびれれば「焦げ臭く」
             脾臓がくたびれれば「甘いように臭く」
             肺がくたびれれば 「生臭く」
             腎臓がくたびれれば「腐れ臭い」と言われています。
        お洗濯の時に、シャツなどがふっと臭ったら
        どこの臓器がくたびれているのか考えてあげてください。

        posted by: c-matsufuji | 東洋医学 | 09:00 | - | - | - |
        寒の入り
        0
          温泉
          1月5日は「小寒」、寒の入りです。
          これから大寒に向け寒さはますます厳しさを増し、そして徐々に緩んで春(立春)へと季節は移ってゆきます。
          この小寒から立春までが、いわゆる「寒」です。
          (寒中見舞い、寒稽古etc.はこの間の行事です。)
          今年の冬は世界各地で記録的な寒波ですが、暦の上では冬本番はまだこれからなのです。

          冬至には柚子湯に入り、カボチャを食べる習慣があります。
          柚子には皮膚の微小循環(毛細血管などの血行)を促進して防寒力を高める作用がありますし、カボチャに豊富に含まれるカロチンには皮膚や粘膜を潤して感染症にかかりにくい体をつくる作用があるのです。
          だから一年中、風邪をひかないと言われてきたのです。
          また柚子湯に入る時のおまじない「一陽来復、一陽来復」は、「陰が極まると陽に転ずる」ことで、一年で一番夜が長く昼間の短い冬至を境に、陽たる昼間が再び長くなっていることを意味していますが、転じて「悪いことが続いた後、運気が好転する」という使い方もされています。

          中医学の古典『黄帝内経』には、「春は生じ、夏は長じ、秋は収し、冬は蔵する」という季節の特徴にあわせた養生法が記されています。
          冬の項には、葉を落とす植物、冬眠する動物にならって人間もまた、なるべくエネルギーを消耗せず、来る春に向けて体力を温存するよう書かれています。
          睡眠時間をたっぷり取り、運動は控えめに、おとなしく過ごすことが冬の養生法の基本です。

           
          posted by: c-matsufuji | 東洋医学 | 15:54 | - | - | - |
          「天人五衰」
          0
            結晶
            「天人五衰」
            言わずと知れた三島由紀夫センセの『豊饒の海』・最後の巻の題名。
            (最初の巻は、妻夫木くんの主演映画「春の雪」の原作)
            でもこれは天人の死の5つの兆候の事だそうで。
            天人も死ぬ。
            それまで天人は苦しみというものをまったく知らないから
            この衰えは地獄の苦しみの十六倍なのだとか。

            ‘上華萎…頭上の華がしぼむ。→頭髪が弱ったり、抜けたり
            ∽下汗流…腋下に汗が流れる。
            0疉垢穢…衣裳が汚れ穢れる。
            た搬僚穢…身体が汚れて臭気を発する。
            ド坡數楮臓痛楮造魍擇靴泙覆ぁ→ちゃんと座っていられない

            結晶
            でも、これって単に「腎」がくたびれてきてるって事(=腎虚)ではないですか。
            まぁ大層たらしい。(笑)
            でもこれが始まると他の天人からは無視されるようになるのだそうで。
            あぁ、人間で良かった。
            「腎虚」だからって、みんなから無視はされませんもんね。(笑)

            posted by: c-matsufuji | 東洋医学 | 12:27 | - | - | - |