Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
何とかいきてゆきましょう
0

       しはらくは 花の上なる 月夜哉                松尾芭蕉



    JUGEMテーマ:健康
        スイス気象庁放射能拡散予想マップ
    http://www.meteocentrale.ch/en/weather/weather-extra/weather-in-japan/weather-extra-japan-zoom.html


    いろいろな方のつぶやきもリツイートしています。
    少しでも皆さんのサバイバルのお役に立てれば幸いです。
    https://twitter.com/#!/Yoimajyo


    脱・情報弱者

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    大阪府付近の風予測



    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    大気汚染物質広域拡散監視システム

    http://soramame.taiki.go.jp/DataMap.php?BlockID=03



    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   
    ≪放射能≫

    バンダジェフスキー博士の研究ではゴメリでは

    突然死の90%において腎臓破壊を伴っていたと書かれている。

    漢方で『腎』は、先天的・生命エネルギーの根源と考えられています。

    原爆投下時の長崎で、一人も原爆症患者を出すことのなかった

    聖フランチェスコ病院の秋月博士がされた食事指導、

    放射能を極陰と考え、極陽である自然海塩をしっかり摂取させる」は

    この腎を護ることに他ならなかったといえます。

    (腎は塩がないと働けないのです。)

    白砂糖を避ける、味噌・海草を摂取する、も腎を助けることでした。

    また、腎がダメージを受けると、寒がりにもなります。

    老化も腎が一年一年くたびれてゆくのでおこる現象ですが、

    お年寄りには寒がりの方が多いでしょう?

    例年になく寒がりになられた方は、被曝による腎のダメージを疑ってください。





    【被曝】小児甲状腺癌についての最新医学論文の大意の翻訳



    もうダメかな。我が流山も…(;´д`)"

    :

    えーッ!茨城も検査しないだけで、酷いと思う…。食べてるもの…みんな食べてる!

    :

    岩手県の尿検査、子ども9割からセシウム検出

    …”"



    やはりダウン症も増えていた。 しかも低線量で。

    『チェルノブイリハート:

     福島なら翌年から、東京なら4−5年後から、

     脊柱側弯症・多指症・兎唇などの奇形児と堕胎の増加

     ポリーテイアー』





    沖縄は梅雨入りだそうです。


    ≪食の安全性≫

    清涼飲料水などに使われているノンカロリー人工甘味料で"元気な精子"が減る

    こんなショッキングな実験結果が日本薬学会で発表されました。

    驚き実験結果がコチラ⇒


    手を変え品を変えて、人口を削減しようとしていますね。

    そして脳にも悪影響があるものばかりです。

    「陰謀論だよ」と一蹴するする前に、ちょっと現実を見直されてはいかがですか?



    みんな、知ってる?ジュースの表示に「ぶどう糖果糖液糖」って書いてあるでしょ?

    ここ 10年位で急増してるよ、これ。

    実はコーンシロップそのもの。とうもろこし原料だよ。

    しかも遺伝子組換技術使って作るらしいし、

    そもそもとうもろこしを売 りたい穀物メジャーの企みだってことよ。

    モンサントの社員食堂では、遺伝子組み換え食品は使われていないとのこと。



    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


    ちょっと聞いて欲しいんだけど、

    スーパーでお刺身とかの下に引いてある血を吸い込むペラペラの白いマットあるじゃん。

    あの正式名称がまじで…



    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


    夜中に散歩をしていたら、真っ黒い大きな塊がこちらに向かって走ってきました。

    え゛、猪!? 

    六甲山・山麓のこの街では、猪の出没は日常茶飯事なのですが、

    その大きさと状況に固まっていたら、真っ黒で大きなニューファンドランドでした

    それはそれはふかふかのコで、逃げ出せたのがとても嬉しそうでした。

    撫でながら捕まえて、後から走ってみえたご主人にリードを渡して一件落着。

    久々に少し興奮しました。


     こんな感じのコでした。


    posted by: c-matsufuji | 食養 | 20:34 | - | - | - |