Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『葛』
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    葛根・・・葛の根

     

    『葛根』

    神農本草経・・・中品
    薬味・薬味・・・・甘・平 水剤 
    帰経・・・・・・・・・
    脾、胃経
    薬効・・・・・・・・・治消渇、身大熱、嘔吐、諸痺、

             起陰気、解諸毒。

             葛穀、治下利十歳以上。

     

     

     

    葛根の薬効
    葛根といえば漢方薬の代名詞のように、

    誰にでも知られている風邪薬の葛根湯がある。
    この風邪薬は肌が汗ばんでいないとき、つまり掌が乾いている人の、

    頭痛、肩こり、発熱、鼻づまり効果があり、

    寒さよけになるので冷房病や夏風邪、
    蓄膿症、熱性下痢にも応用される。

    葛根は薬性甘平で、筋肉組織のこばわり、

    とくに首筋から背中のこりに有効で、発汗、解熱、鎮痙の作用がある。

     

     

    葛粉は内服して熱を取り、口渇をいやす効果があり、

    酒毒を消す作用があるので、酒の飲み過ぎや悪酔いの時、

    冷水にかき混ぜて飲むと即効がある。

     

     

    漢方では
    葛の花を使った酒毒を解く専門薬『葛花解酔湯』があり、

    どうしても職業上多量に酒を飲まなければならない人たちが、

    前もって服用し、酒害を予防した。

     

                                                                   渡邉武博士「薬草百話」より

     

    『葛花解酔湯』
    木香・人参・猪苓・茯苓・陳皮・白朮・乾姜・神麹・沢瀉・青皮・
    砂仁・白豆蒄・葛花 (李東垣の方)

     

     

     

    夏の和菓子に葛が使われる理由

    葛は消化管に熱があって、のどが渇くのを止め、
    体表に熱があるときは皮膚呼吸を旺盛にして
    気化熱で熱を冷ます特異な役割を持っている
    ので、

    葛根湯は風邪薬として今日でも重宝されています。

    漢方薬のこの原理を
    夏の暑いときの清涼剤として菓子に応用されたのです。
    京都では夏バテ・肩凝りや二日酔い防止に

    「葛きり」と呼ぶ風雅な菓子が遺されています。

     

     

                                             渡邉武博士「仁医『麻鳥』の漢方問答」より

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

     

    スイス気象庁放射能拡散予想マップ

     

    http://www.meteocentrale.ch/en/weather/weather-extra/weather-in-japan/weather-extra-japan-zoom.html


    いろいろな方のつぶやきもリツイートしています。
    少しでも皆さんのサバイバルのお役に立てれば幸いです。



    脱・情報弱者

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    大気汚染物質広域拡散監視システム

    http://soramame.taiki.go.jp/DataMap.php?BlockID=03


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    PM2.5情報

    http://pm25.jp/
    http://pm25.jp/m/150508/14/
    PM2.5の値は速報値であり確定値ではありません。速報値はあくまで「暫定的な数値」

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    環境省「熱中症予防情報サイト」

    熱中症の起きやすさを示す「暑さ指数」🌞




    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

    .             
    【漢方薬舗マツフジの6月の
    営業日・休業日】

     

    6月4日(月)、5日(火)は定休日です。

    6月9日(土)、10日(日)は日中医薬研究会の為お休みです。

    6月11日(月)、12日(火)は営業いたします。

    6月18日(月)、19日(火)は定休日です。

    6月25日(月)、26日(火)は定休日です。


    漢方薬舗マツフジは、ほぼ予約制です。

    お電話かメールでご予約をお願い致します。

     

      月曜、火曜はお休みです。

        営業時間          12:00〜19:00

      電話・ファックス   078-811-7558

                            info@matsufuji.jp

     


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    葛根はアメリカでは侵略的外来植物

     

    私が一番好きな英語化した日本語はなんといっても『kudzu』

    日本の葛を緑化用に持ち込んだ、、

    アメリカ南東部に根付き、見事に侵略的外来種化。

    トム・フランクリンの『密猟者たち』を読むと、

    kudzuに全てが覆われていく光景は、

    南部出身者の心の底の原風景にすらなっている感じがする。

    日本の誇りや(?)

     

     

     

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    また、明治時代に北米に移入されたクズは彼の地で野生化している。

    クズ・バインと呼ばれ、家畜の飼料として利用はされるが

    都市近郊ではその強い繁殖力をもてあましている。

    休暇でしばらく留守をしている間に、

    駐車して置いた乗用車が覆い隠されてしまったという話もあり、

    ここではデヴィル・バイン(悪魔の蔓)と恐れられている。 

     

                        「愛・蔵太の気になるメモ」さんより

     

     

    あぁ、葛根は駆除ではなく、

    薬用資源として有効利用すればよいのに…。

    もったいないことと、漢方薬屋は思います。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    世界で5頭しか確認されていない「茶色パンダ」

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    【梅雨こそハトムギを】

     

    漢方「東洋医学」の考え方で

    人間の病気は気・血・水の三つの調節が

    うまくいかないときに起こるというのがあります。

    このうち「水」の調節をするのがハトムギです。

    従ってハトムギは昔から利尿剤として

    多くの病気に使われてきました。
    日本の風土には湿気が高く、

    このため体内の水分の停滞を起こす人が多いのです。
    例えば、神経痛やリウマチ、関節炎や肌のアレや

    喘息などは漢方医学の考え方では、

    この水分の停滞によって起こるとされています。

    さらに、ジュース、コーヒー、お茶といった

    水分を沢山に取るという食生活が、

    これに拍車をかけています。
    このような病気の治療や予防をするには、

    まず腎臓、膀胱を助け利尿作用をよくしてやる事が大切で、

    ハトムギは強い利尿作用があって、

    体の各所の水分の停滞を除く働きをします。


    ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、

    特殊製法でエキスを抽出、顆粒にした理想的な健康飲料です。
    活力と栄養に満ちた発芽ハトムギの良さを最大限に活用して、

    手軽にお飲みいただけます。

     

     

     

     

           容量500g  15,000円(税別)

           容量250g   8,000円(税別)

           容量60包     3,200円(税別)

     

                                                                                   ご注文はこちら

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

     

    Wikipedia

     

           「紫陽花や 昨日の誠 今日の嘘」・・・正岡子規

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    空気が乾燥していれば、

    「不感蒸泄」というシステムが盛んに働くので

    水分(&熱)は呼吸と肌から勝手に出てゆきます。

    その水分量は1日およそ900ml。

    でも湿度が高くなると、この「不感蒸泄」の働きが低下し、

    水分代謝は腎臓の働きに負うところが大となります。

    その時に腎臓がくたびれていたり、

    腎臓をいじめるような生活をしていると

    体のあちこちに水滞が起こってきます。

    そしてそのトラブルは主に右上半身、左下半身に現れます。

     

    湿度の高い日は、

    健気に働く腎臓へさらなる負担をかけないために

    甘い物、果物、水分の大量摂取は避けるようにしましょう。

    おしっこと汗でちゃんと水分を出せるように天然塩をしっかり摂りましょう。

    毎日入浴し、湯船にちゃんと漬かることも大切です。

     

    西の地方は入梅とか。

     

     

     

    嘘がまかり通っていますね。

    ディストピア小説「1984」の世界、そのままです。

     

     

    漢方薬舗マツフジ

       078-811-7558

    posted by: c-matsufuji | 健康 | 12:00 | - | - | - |