Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
男の赤ちゃん、首都圏中心に比率低下…原因は「?」
0
    植物
    新生児に占める男児の比率が1970年代以降低下傾向が続き、特に、首都圏で減少の目立つことが、順天堂大学医学部の丸井英二教授らの分析で明らかになった。

    環境悪化による可能性もあり、詳しい原因の究明が急がれる。

    日本全国での出生男児の減少傾向は以前から指摘されているが、丸井教授らは、1899年から2004年まで106年間分の厚生労働省の人口動態統計を使い、都道府県別の推移を詳しく調べた。
    全国では、1971年に男児が女児の1・071倍だったが、2004年は1・052倍に低下した。
    都道府県別でみると、70年代以降に男児割合が明らかに低下したのは北海道、山形、埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪で、半分以上が首都圏に集中していた。一方、青森や秋田、宮崎、鹿児島など上昇した県もあった。

    植物
    巷ではPC関係者、アマチュア無線愛好家には女の子ばかり生まれる、と言われています。
    これは「電磁波の被爆によるのでは?」、と松藤は考えます。
    私は電磁波の強い所が、大の苦手です。
    漢方薬を飲み、なるべく自然の物を食べているので
    体の感覚が野性動物に近いのかも…。(笑)


    posted by: c-matsufuji | 科学 | 19:40 | - | - | - |