Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ラドン濃度で阪神大震災予知できた?
0
    結晶
    阪神大震災をもたらした地震の発生を、大気中のラドン濃度のデータを使えば2週間以上前に予測できた可能性があったことが、放射線医学総合研究所(千葉市)や東北大などの研究でわかった。
    地震のメカニズム解明や、予知の実現に一歩近づく成果として注目される。

    ラドンは、地中の花こう岩などに多く含まれる天然の放射性物質で、地震の発生などで岩石が破壊されると放出され、大気中の量が増える。
    研究グループは、阪神大震災の震源地から北東約25キロにある神戸薬科大(神戸市)で1984年から測定していた大気中ラドン濃度データを解析し、震災の約1か月前からラドン濃度が異常に上昇していたことに着目。(読売新聞)

    結晶
    私は雲の状態からでも、電気製品の微妙なトラブルからでも
    地震は予知できると思っているのですが…。

    結晶
    震災から12年が経ちました。
    毎年、1月の前半はAnniversary症候群、
    そっちの世界でいえば霊障がきつくなるので
    神戸の人間は皆一斉に、
    心身ともにしんどくなります。
    ご多分にもれず松藤も不調です。
    今年は13回忌でしたからね…。
    でも、明日になればきっと何かが変わっていると思います。
    毎年の経験ですが…。(笑)
    posted by: c-matsufuji | 地震予知 | 19:24 | - | - | - |