Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
癌患者は「死後の世界」をあまり信じない!?
0
    花
    癌患者は一般の人に比べて、死後の世界や生まれ変わりなどを信じない傾向が強いことが、東京大の大規模調査で明らかになった。
    また「望ましい死」を迎えるために必要なこととして、癌患者が健康時と変わらない生活を望んだのに対し、医師や看護師がそれを期待する割合は低く、認識の差も浮き彫りになった。

    調査は、癌患者の死生観を知るため東京大の研究チームが昨年1月から1年間かけて実施。
    東大病院放射線科に受診歴がある患者310人と同病院の医師109人、看護師366人、無作為抽出した一般の東京都民353人の計1138人が協力した。患者は75%が治療済みで、治療中の人は20%だった。

    「死後の世界がある」と考える人の割合は一般人の34.6%に対し癌患者は27.9%、「生まれ変わりがある」は一般人29.7%、患者20.9%で、患者の割合が目立って低かった。
    生きる目的や使命感を持つ割合は患者の方が一般人より高く、「自分の死をよく考える」という人も患者に多かった。

    「望ましい死」に関しては、患者の多くが健康な時と同様の生活を理想とし、「(死ぬまで)身の回りのことが自分でできる」(93%)「意識がはっきりしている」(98%)−−などを望んだ。一方、医療関係者はこれらについての期待がそれぞれ30〜40ポイント低かった。
    また、「最後まで病気とたたかうこと」を望む患者が8割に達したが、医師は2割にとどまった。

    調査をした中川恵一・東京大准教授(放射線科)は「癌患者は死と正面から向き合っているようだ。
    望ましい死に対する認識の差は、医師らが終末期の現実や治療の限界を知っているのに対し、患者は死の経験がないため生じるのだろう。
    生きている時間を大切に過ごしたいという患者の思いに応える医療が必要だ」と話す。(毎日新聞)


    花
    松藤は、死後の世界や霊などの肯定派です。
    特に何の宗教ということもありませんが…。
    明日は阪神淡路大震災の日。
    14年が経ちました。
    年始休暇が明ける頃から、
    阪神間では体調のすぐれない方が増えてきます。
    心療内科を受診したら
    「anniversary症候群」といわれるのでしょうけれど。
    漢方では病気の原因は「気」「血」「水」と考えます。
    「気」は目に見えない無形のもの。
    これは気功などでお馴染みですが、
    宗教なら「霊」です。
    漢方では、気を晴らす生薬や処方が沢山あります。

    posted by: c-matsufuji | ネタ | 18:55 | - | - | - |