Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ペット長寿化 マッサージに注目 血行促進、免疫力向上に一役
0
    犬猫
    ペットの長寿化に伴い、ペットマッサージのニーズが高まっている。
    頭のてっぺんから足の先まで、全身にあるツボの刺激で血行を改善、免疫力が高まるという。
    専門家は
    「人間が気持ち良いと感じる場所はペットにも癒やしになる」と説明。
    技術より、まずは愛情を持って信頼関係を築くことが大事で、散歩同様に日課とする飼い主も少なくないようだ。


    ≪心と体のバランス≫
    東京農工大大学院の林谷秀樹准教授(獣医学)が平成14〜15年に行った調査によると、犬の平均寿命は11・9歳。3年時に比べ、3・3歳も寿命が延びた。

    ペットの長生きの背景には
    (1)医療技術の進歩
    (2)ワクチン接種による感染症の減少
    (3)良質なペットフードの普及−などが考えられる。
    ペットの長寿は歓迎だが、“晩年”が長くなることで老いや介護などの問題が軽視できなくなってきた。

    日本ペットマッサージ協会(東京都千代田区)の石野孝理事長は「西洋医学だけではペットのさまざまな病気に対処できない時代に入り、心と体のバランスを大切にする『ホリスティック医学』の考え方が必要になってきた。マッサージもその一つ」と話す。
    その方法は
    全身をなでる、さする、軽くたたく、押す、といった刺激が血行改善やストレスの軽減になる
    皮膚を引っ張ることも弾力性を維持するうえで有効」と説明する。

     石野理事長によると、昭和60年ごろまでは番犬としての飼い方が主流だった。飼育環境などの影響で、人間でいえば40歳前後で死んでいたが、その後の25年で寿命は約2倍に伸びた。
    ペットにも生活習慣病が増え、がんが死因のトップになったという。


    ≪大切な愛情表現≫
    同協会では、犬や猫のマッサージに関するセミナーを開催している。参加者は専門のトリマーよりも、一般の飼い主が目立つという。

    「受講者は40代が中心で、9割以上が女性。
    資格を取ってビジネスに生かしたいと考える意識の高い受講生も増えている」
    と統括事務局長の宮沢雅之さん。
    同協会では犬や猫にある14の経絡とツボの位置を骨格と比較しながら再現したポスターや、マッサージの方法を紹介する教材を制作、普及活動に努めている。

    ただ、一般の飼い主はマッサージを施すツボの位置を正確に把握する必要はないという。
    「自分の手のひらの下にリンパ液が流れていると信じて、愛情を持って接することが大切。
    老犬になる前から準備することで、病気になりにくい体をつくることができる」と石野理事長。(産経新聞)


    犬猫
    松藤は、yukizoくんの愛猫・アレックスによく指圧をします。
    猫も結構肩がこっています。
    背骨にそって太陽膀胱経を肩から腰まで気を流し、
    そして足の三里、三陰交。
    嫌がらずおとなしくしていますから、
    たぶん気持ちが良いのだと。



    犬猫
    2ちゃんねるユーザーによると
    『鬱』という字は
    「リンカーン(林、缶)は(ワ)、アメリカン(※)コーヒー(凵、ヒ)を三杯(彡)飲む」と。

    ほぉ〜、座布団一枚!
    ネットばかりしていると、どんどん漢字が書けなくなりますものね。
    posted by: c-matsufuji | ネタ | 19:26 | - | - | - |