Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
メタボの人は禁酒より“禁食” 肝機能アップの常識ウソ・ホント
0
    青い旗
    深酒や暴飲暴食がたたったのか、健康診断の結果は肝機能数値がいつも高め。
    あまりにもひどい状態なら即受診だが、微妙に高い数値に対しては、自己対処で何とかしたいもの。
    しかし、専門医によると、ちまたでいわれる肝機能改善の常識には、必ずしも正解でないものもあるという。

    「若い世代では、飲酒より疲労が肝臓に悪影響」と専門家

    そもそも暴飲暴食を続けると、フォアグラのような脂肪肝になる理由は、肝臓の働きと関係が深い。
    肝臓の主な役割は代謝で、腸から吸収された糖はグリコーゲンに再合成され貯蔵される。
    飢餓状態になったときに、グリコーゲンを糖に変えて使う仕組みだ。

    ところが、貯蔵庫があふれると中性脂肪になって肝臓に沈着、これが脂肪肝。
    そのため、禁酒をしても食べ過ぎ状態が続くと脂肪肝は解消されない
    東海大学医学部付属東京病院消化器肝臓センター長の西崎泰弘副院長は
    「肝臓の貯蔵庫を空けるには、食べる量を減らすことが肝心。
    一般的に、BMI(体格指数)を25から24に減らすなど
    適正体重(BMI22)に近づけば、肝機能は改善されます」と説明する。

    一時しのぎの禁酒ではなく、メタボの人はむしろ“禁食”が必要なのだが、が空いては戦はできぬ。できれば、肝臓を守るような食材は口にしたい

    一般的には、酒を飲んだ後にシジミ汁を飲むと良いといわれているが、それも期待は薄いという。
    西崎副院長は、
    「シジミに含まれるタウリンは、肝硬変の薬としても使用されています。
    しかし、シジミに含まれる量はごく微量で、
    シジミ汁を何杯も飲むと逆に塩分の摂り過ぎによる高血圧が心配」という。

    肝機能に役立つのは、ビタミンA、B群、C、タウリンなどのアミノ酸。
    レバーには、ビタミンAやCが含まれているが、
    「レバーは鉄が多いので肝臓専門医として勧めたことはない」と西崎副院長はいう。
    一方、昔から生薬として知られる「熊の胆(い)」は、ウルソという成分が含まれており、肝機能改善に役立つそうだ。
    しかし、サプリメントで知られるウコンは、
    「肝障害の人が常用した場合、鉄分によって悪化するケースもあります。
    また肝臓は、薬を代謝する器官でもあり、薬によるダメージを受けやすい。
    自分勝手に薬やサプリメントを乱用しないように、注意してください。」(西崎副院長)

    食事以外では、食べてすぐに横になるのは良いそうだ
    身体を休めると、肝臓へ血流が集まりやすくなり代謝もアップ
    特に、右を下にしてゴロンと寝るのがベター。
    ただし、メタボな人は、貯蔵庫に空きを作るための運動も忘れずに。
    (Sankei Biz)


    青い旗
    尖閣列島問題で非常に不快な松藤です。
    posted by: c-matsufuji | 食養 | 15:02 | - | - | - |